世田谷区、杉並区、練馬区で仲介手数料無料の新築一戸建、リノベーションマンションをお探しならカエル君のお家探しにお任せください。

住宅購入にかかるお金や税金の話

不動産、住宅をご購入される場合、土地・建物の価格のほかにも「諸費用」と「税金」が必要となります。
他の項目でもお話している仲介手数料についても、その諸費用の一部です。

今回新築戸建ての場合を例にお話してきます。

では、その諸費用は一体どのくらいかかるのでしょうか?

住宅購入かかるお金や税金の話

物件価格のおおむね8%くらい必要になります。

例えば4000万円の新築戸建てであれば
4000万円×8%=320万円

この場合320万円ですから大きな金額となります。
ちなみに、この320万円には一般的な不動産会社で
必要な仲介手数料(物件価格×3%)を含んだ金額になりますので、

カエル君のお家探しで
仲介手数料無料の新築戸建てを購入する場合の諸費用は、、

物件価格のおおむね5%になります!

例 4000万円×5%=200万円

あくまでおおよそですが200万円ほどになります。
では、今度はその内訳を見ていきましょう。
※新築戸建て 物件価格4000万円の場合

売買契約書用印紙代1万円
登記関係費用50万円
固定資産税等清算金15万円※物件の引き渡し時期によって異なります。
仲介手数料0円
銀行事務手数料(三菱UFJ銀行)3.3万円※金融機関により異なります。
金銭消費貸借契約書用印紙代2万円
銀行保証料104万円※借入金額、借入期間によって異なります。
火災保険料(地震保険含む)25万円※ネットで保障内容が良くて安いものを見つけましょう。
合計200.3万円

内訳としては、以上です。

※上記の金額は金融機関や借入金額、借入期間、などによって異なります。
詳細な内容は物件ご案内の際などにご案内いたします。

あと、上記の内訳には含まれていないものと掛かりそうなものとしては、

  • ・引っ越し代
  • ・カーテンレール取付
  • ・カーテン一式
  • ・アンテナ設置
  • ・物件によっては網戸

    ※飯田グループの物件は網戸はオプション扱いになることがほとんどです。

  • ・エアコン
  • ・照明
  • etc、、

そんなところでしょうか。
今のご自宅で使っているもので新居で使えそうなものは極力利用し、
新規の家具などについては、実際に新居で暮らしながら使い勝手を考えながら
ゆっくりと購入していくことをオススメします。
毎週のようにニトリに行くことになるかもしれませんが
結構楽しいですよ!

結論からを申し上げると
4000万円の物件は諸費用約200万円とプラスα(引っ越し代など)が掛かってきます。

この諸費用については、可能であれば現金で用意しておくことが望ましいですが
どうしても、手元のお金を今出したくないという方は
金融機関によっては、諸費用についてもローンを組むことができます。
ご年収などの諸条件がありますので、お問合せください。

物件によっては、弊社が売主から手数料をもらえない物件もございます。

その際はお客様から頂く手数料は半額の1.5%+3万円の消費税となります。

まずは、下記お問合せフォームより
ご検討中の物件が仲介手数料無料になるかどうかお問合せくださいませ。

お問合せフォーム