世田谷区、杉並区、練馬区で仲介手数料無料の新築一戸建、リノベーションマンションをお探しならカエル君のお家探しにお任せください。

購入前と購入後のお役立ちブログ

【子育て】生活しやすい間取りのポイントは?【実体験①玄関の広さ】

皆さんこんにちは、当サイトの管理人のカエルです🐸

 

皆さんの家族には小さなお子さんはいますか?

 

私には、1歳6か月の娘がいます。

そして、郊外(都心から電車で45分くらい。。)の4LDKの戸建てに住んでいます!

 

今回は、子育て世代の私が実際に住んでみて感じた、

子育て世代にとって生活しやすい間取りのお話です!👶

その第一弾として、

子育て世代  おすすめの間取り①【玄関が広い】

 

子育てをしていると、子どもの年齢にもよりますが、

ベビーカーや子供の外用のおもちゃなど様々なものが増えてきます。

(子供が公園で拾ってきた松ぼっくりやドングリなどもどんどん増えていきますΣ(゚Д゚;≡;゚д゚))

 

外に物置のようなものがあれば良いのですが、ない場合は玄関に置くしかありません。

 

その際に玄関が広いととっても助かります!!

 

出来ればシューズインクローゼットがより見た目がよいですが

広ければ問題なしです!

 

うちはベビーカーや子供の外用おもちゃ、

その他ごみの日の前夜に、翌日出すゴミをを準備しておく場所としても使っています。

 

もし、玄関が狭かったら、子どもの靴やベビーカーで玄関がごちゃごちゃになってしまい、、

 

折角、新居を買っても仕事から帰ってきて玄関あけたら玄関がごちゃごちゃだとテンション下がっちゃいますよね。。(;´Д`)

 

理想の玄関の広さとは 具体例

奥行より幅が広い玄関が理想


玄関の奥行だけ広くても、結局はそこは人が通る動線になるので、ベビーカーなどを置いてしまうととっても邪魔です!

玄関を開けた際も、ごちゃごちゃした感が満載になります(-_-;)

 

では、幅は2m~2.5mくらいあると理想です♪ 

都心でこれくらいの幅がとれいている物件は稀ですが、、

 

この幅がとれていると、動線も確保しながら、

両サイドにベビーカーなどを畳んでおいても全く圧迫感がありません。

 

ちなみに奥行きは80㎝くらいあれば十分かと思います。

 

玄関が吹き抜けになっている


あと、我が家は違いますが、玄関が吹き抜けになっていると

自然光がはいりより広い空間に感じますね!(-_-;)ウラヤマシイ

 

リビングでもそうなのですが、吹抜けがあると開放的で広く感じます。

広い面積を取れない家では吹抜けを取って広く見せることがよくありますよ。

 

玄関も同じように入った瞬間に開放的に感じますね👍

 

ただ、リビングに吹抜けをつくる場合は空調の光熱費が高くなってしまうのがデメリットですが、、

 

玄関は生活空間ではないので空調は関係ないですね。

 

玄関に換気のできる小窓がある


それと意外と大事なのが、

玄関には一日履いた家族の靴があるわけですから

湿気がたまりやすい場所なんですよね。

 

そのため、玄関には小窓が付いていると換気がしやすく

湿気やカビのにおいも気になりませんよ♪

 

また、濡れた傘などは、そのまま玄関に置いておかず

晴れた日にしっかりと干しましょう!

湿気をためない工夫も大事ですよ!

 

 

親子扉の玄関


最後に、これも我が家にはついてないですが

玄関扉が親子扉になっている物件がたまにあります。

親子扉とは下の画像のように両側から開けることができる玄関扉です。

 

片開きドアの横に小さな扉がついたものが親子扉です。

メインの玄関ドアだけでなく隣の小さな扉も開けることができるので、広い開口部をつくることができるんですね。

 

特に車いすで出入りすることが多いなど、

玄関で頻繁に大きな物を出し入れする場合や人が通る場合に親子ドアは大きな効果を発揮してくれます。

 

また、玄関内のお掃除をするときにも掃除がしやすいです!

 

しかしながら、新築の建売住宅では余り多くはないかもしれないですね、

 

 


まとめ
  • 玄関は奥行より幅を重視したほうがよい 2m以上が理想
  • 玄関が吹き抜けになっていると開放感がある
  • 玄関に換気のできる小窓がある
  • 親子扉の玄関は、家具の搬入や将来車いすの出入りしやすい、また掃除しやすい。

 

 

本日は以上です。

 

次回は、

『子育て世代にとって生活しやすい間取り』第二弾 和室ってニーズある? です!

 

それでは、さようなら~

 

新築戸建てのお探しは仲介手数料最大無料のカエル君のおうち探しまで

お問い合わせください!

下記バナーからLINEでのお問い合わせも可能です!

※PCの方は下記バナーをクリックし、 QRコードを読み取り、友達の追加をしてください♪

友だち追加